〒299-4303 千葉県長生郡一宮町東浪見1516-2 【電話】0475-42-2138 【Fax】0475-42-7778
 
★ 保護者の皆様は,会員(保護者)専用
     ページをご覧ください。

   学校行事写真,学校行事予定,学校からの
                                         お知らせ等・・・・・・

 
       ※ ログインIDとパスワードは
                               学校よりお知らせします。

 
学校周辺の自然風景

      校舎裏のアジサイ

       校舎裏の椿

校舎の裏は水田になっています。

体育館の裏も水田になっています。

        南門付近

         正門

      玄関への案内板

         校庭

校庭はドクターヘリの発着場になります。
 

東浪見の文化財

【東浪見寺本堂】

とらみじほんどう

町指定有形文化財

・平成19年12月11日指定
・一宮町 東浪見東浪見寺

本堂正面

正面入り口の彫刻

寄棟造り。正面3間、側面4間。
建立年代不明。ただし本堂正面の扁額裏に「享保八癸卯年五月廿八日」(1723年)の刻印があり、それ以前と考えられます。
特に注目されるのは、繊細な向拝の彫刻や木割りです。
また、軒回りは本繁二重垂木で、堂内部の須弥壇、宮殿部の組物は天井まで三手先で組まれた立派なものです。

【東浪見甚句】

とらみじんく

県指定無形民族文化財

・昭和40年4月27日指定

・一宮町東浪見

東浪見甚句発祥の地碑


 九十九里沿岸では、江戸時代から昭和初め頃までイワシを捕る地曳網漁が盛んでした。
東浪見甚句は古くから伝わる民謡の一つで、かつては大漁祝いの席に海の安全と次の大漁を祈って歌われていました。
現在は保存会の人たちによって歌と踊りが伝えられ、東浪見の釣地区集会所の近くには記念碑が建てられています。

一宮町役場HPより